【朝日ウッドテックのショールーム見学】注文住宅の床材を考える(ライブナチュラル)

【朝日ウッドテックのショールーム見学】注文住宅の床材を考える(ライブナチュラル)

注文住宅の間取りが決定し、インテリアの打ち合わせが始まるタイミングで、床材を扱っている朝日ウッドテックのショールームに行って来ました。

床選びにお困りの方の参考になればと思います。

これまでの経緯

当初からポラスの営業さんは無垢フロアをオススメしていて、契約時の見積もりにもわざわざ入れてくれていました。

ただ、無垢フロアに興味のない私達夫婦はここは少しコストが抑えられると甘く考えていたのです。

実際にポラスオリジナルのアンビエントフロアというシート材を見せてもらいましたが、見た目も安っぽくありませんでした。
ポラスの建売にもよく使われていますが、建売を見学している際にも悪いイメージは持たなかった、というか全く気になりませんでした。

アンビエントフロアの提案書

私達が重要視していた見た目の色合いも種類が豊富なのでクリアできそうです。

しかし、残念ながらアンビエントフロアには太い板張りのタイプしか無かったのです。。。

太り板張りとは下記の2Pタイプのものです。管理人は見た目的に3Pにしたかったのです。
一般的には幅が広い方が高級感があるようなので、2Pで問題ない・無垢材に興味がないという方はアンビエントフロアで大丈夫だと思います。

あと、無垢材は傷ついたときに受けるショックが大きいと思います。特に小さな子どもがいる場合は傷つける可能性が大ですから!!

床材の太さの種類

こうして、どうしても無垢が良いということではなく、消去法的な理由で無垢フロア選びが始まりました。

早速、営業さんが見積もりに入れていた朝日ウッドテックのホームページからカタログを請求しました。

数日後、↓の分厚いカタログが届きました。

床材のカタログ

詳細は朝日ウッドテックのホームページをご確認頂きたいですが、「ライブナチュラル」が基本のシリーズで、その上位に「プラス」や「プレミアム」シリーズがあるようです。

床材の種類

https://www.woodtec.co.jp/products/lineup/flooring/ – より引用

上位シリーズになればなるほど厚みが増し高級感がアップします。

上記の内容を踏まえて単純な見た目の好みや家具に合いそうな型番をいくつかチェックしていきます。
また、疑問に感じたことも書き留めておいて、ショールームで聞いてみます。

  • カタログ上では、同じ種類でも2Pと3Pで色味が違うように見える??
  • ポラスの見積もりに入っていた「WRX」というシリーズはカタログに無いので施工会社向けの特別仕様なのか??
MRXの提案書

ショールームに突入!

事前に予約を行なった上で訪問。滞在時間は基本30分で最長60分まで延長が可能です。

ショールームに入ると、素敵な床たちが並んでいました。

靴を脱いで上がることも可能です。
息子が一緒だったら駆け回っていたと思うので、連れて行かなくて正解でした。。。

価格差を考えるとグレードはライブナチュラルプラスまでかなと考えていましたが、実物を見るとプレミアムシリーズがめちゃくちゃ格好良い!!!

我が家が検討中の「ブラックチェリー」は年数が経過するごとに赤みが増していく傾向があります。
無垢材が厚いプレミアムだと、その傾向がより顕著になり赤みがとても素敵です。

また、経過年数が違うものが置いてあるので、経過年数毎の色味の変化も確認できます。
ブラックチェリーも数年経たないと赤みが増さないので、施工当初の状態を見てガッカリしないように気を付けないと。

事前に聞こうと考えていた疑問点についても担当者の方に確認していきます。

・カタログ上では、同じ種類でも2Pと3Pで色味が違うように見える??
 → 同じ種類であれば、2Pと3Pで色味は変わらない

・ポラスの見積もりに入っていた「WRX」というシリーズはカタログに無いので施工会社向けの特別仕様なのか??
 → WRXは特定の施工会社向けのシリーズ

WRXは、材質(厚み)がライブナチュラルと同等で、表面の加工がライブナチュラルプラス(つや消し)と同じ仕様とのこと。
ちなみに、ライブナチュラルはつや有り加工になっている。

また、WRXはキャラクターが強く出る傾向があるとのこと。
あまり気にしない方もいると思いますが、管理人は気になりました。

※キャラクターとは↓のような指します。

キャラクターの説明

WRXの記載がある施工会社の仕様書を見せたところ、WRXのサンプルを奥から出してきてくれました。打ち合わせ中の仕様書は必ず持参しましょう。

時間が無い方や近くにショールームが無い方は、バーチャルショールームというサービスもありますので、活用してみてください。

バーチャルショールーム

最後に気になった種類を伝えると、10cm角程度のサンプルがもらえます。
また、お手入れの方法が記載された冊子も一緒に入れてくれました。

特にサンプルは他の設備や壁紙などの色を決める際に非常に役立ちましたので貰っておくことを強くオススメします!!

頂いたサンプル等

悩まれている方はショールームに行って、実際にフロアを歩きながら検討されることを強くオススメします。

ただ、実物を見るとプレミアムシリーズが非常によく見えてしまいますので要注意です。
プレミアムと比較しなければ、ライブナチュラルもプラスも非常に良い製品ですのでご予算に合った選択が大事かと思います。

最終的に、我が家は玄関からLDKをプレミアムシリーズに、それ以外はライブナチュラルで落ち着きました。

床材を含むインテリアの打合せについては、こちらの記事を参考にしてみてください。
注文住宅の打合せってどこまで決めるの?(設備、インテリア編)