ウッドショックの影響をポラスに聞いてみた

ウッドショックの影響をポラスに聞いてみた

今、住宅購入を検討されている方なら「ウッドショック」の件は、どこかで聞かれていると思います。

世間では色々と騒がれていますが、実際のところどんな状況なのかポラスの担当者に聞いてみました。

我が家への影響も気になるところです。

はじめに

まずは、ウッドショックにについて、改めて見ていきましょう。

丸太置き場

ウッドショックとは

木造建築にかかせない加工木材が、世界的に不足している状態のことをいいます。

コロナ禍により、アメリカの住宅着工数が増加したことと海上輸送のコンテナ不足が高騰の原因のようです。

下記の朝日新聞の記事には、ポラテックの話も出ていました。(2021年7月現在、記事が見れなくなっています。)

木造建築に使用される「プレカット」と呼ばれる加工木材の国内最大手「ポラテック(埼玉県越谷市)」では、契約日通りに木材を納入できない状況になりつつあるという。

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/ASP565G72P56ULFA00B.html– より引用

この供給不足を背景に、価格はこの1年で2~4倍になっているようです。

また、同じ記事内でこの先どんどん深刻になる見通しとなっているようですので、今後の影響が気になるところです。

ポラス担当者に聞いてみました

設計担当者さんとたまたま話す機会があったので直撃してみましたが、、、まだ何とも言えないみたいです。

何も言えないというか会社から方針が出ておらず、確定していることはまだないようです。

ただ、やはり影響も少しずつ出ているようです。

これから契約する方は、ウッドショックによる工期の遅れが発生する可能性があるという特記事項が契約書に盛り込まれる可能性があるとのことです。

この特記事項については、管理人が契約した際には「コロナの影響による~」という記載が入っていました。こちらはこれから契約される方にも入ってくると思います。

木材が不足しているとのことで、有料記事なので全文は読めませんが下記も見つけました。

ポラテック(埼玉県越谷市)は24日、プレカットの受注を計画比9割に抑える受注制限をすることを決めた。

https://jfpj.jp/mokuzai_news/13288

ポラスは自社物件に使用する木材だけでなく、他住宅メーカーが使用する木材も販売していますが、こちらの受注を1割減にするとの発表です。

ただ、取引先との関係もあるので、他住宅メーカーに木材を売らず自分たちだけで使用するという対応は難しいと思います。

その為、ポラスの自社物件(建売・注文住宅)に影響してくることは確実でしょう。建売と注文住宅を天秤にかけた場合、注文住宅を優先されるのでしょうかね。

我が家への影響

今月末に上棟を迎える我が家についての影響も気になります。

担当者曰く、このタイミングなので恐らく大丈夫だろうが、今後工期の遅れが出てくる可能性も無くはないとのことでした。現段階ではまだ何とも言えないという状況でしょうか。

なにかしら影響があり次第、発信していこうと思います。

今後について

今後、工期の遅れによって売り出される新築住宅の件数が減少する可能性があります。

また、材料費アップは販売価格にも影響が出てくるでしょう。そうなると、選択肢が多く且つ購入金額にさほど影響が出ていない現在販売中の建売住宅に注文が殺到する状況も考えられます。

木造ではなく、鉄骨系の住宅を販売している会社も人気になるかもしれませんね

現在、購入を検討されている方は、よく情報を取ってご判断されることが大事になります。

↓ウッドショックの続報について、少し記載しております。
注文住宅の建築状況②(着工後11日~上棟式)

追記(2021年7月14日)

ポラテックに関する記事が上がっていましたので、追記しておきます。

木材プレカット事業で4月分から全社的に実施していた新規受注に対する量的制限を解除した。

一方、加工木材の新規受注分に関する平均販売価格は、仕入れ値の高騰を転嫁するため7月分は3月実績比でおおむね60%超値上げする。

https://www.housenews.jp/house/19278 – より引用

木材を巡る輸入環境のうち欧州エリアの海運物流事情が改善し始めたことが制限を解除した理由のようです。
木材が足りず、工期が遅れてしまうという可能性が低くなったことは良い傾向ですね。

ただ、この記事によると価格の高騰は今後も続く見込みのようなので心配です。。。

お得な2つのプチ情報

ウッドショックで住宅の購入金額が上がってしまう可能性がある方は、可能な範囲で購入金額を減らしたり、生活費を減らしていきましょう。

管理人がオススメしているのは下記2点です。

ポラスの紹介制度を利用する

コチラは商談を開始する前に、「誰々からの紹介で来ました」と一言お伝えするだけで、インテリアや設備が10万円分 無料進呈になる制度です。すでに商談中の方も一応試してください!

新築住宅だけではなく分譲住宅でも対象になりますので、ご購入をお考えの方はお問い合わせページツイッターにご連絡ください。

固定費を削減する

現在の生活スタイルを変えることなく少しでも固定費を下げる方法として、オススメしているのが電気代の削減です。

もちろん電気使用量を節約する訳ではなく、契約先を変えるだけで料金が大幅に削減できます。
管理人はこの方法で、年間3万円も節約できました!

詳しくはコチラの記事を参照ください。電気料金を年間3万円も節約する方法(あしたでんき)