【収納を増やす方法】家の近くでも見つかるトランクルームの紹介

【収納を増やす方法】家の近くでも見つかるトランクルームの紹介

以前に収納量を増やす方法について記事を書きました。

そこで紹介したトランクルームについてどんなサービスで、いくらぐらいかかるのか、を様々な会社が展開しているサービスを比較紹介しながら、考えていきたいと思います。

【家を建てた後でも増やせる?】収納量をアップさせる方法

もう少し小さい荷物を預けたい、不定期で預けたいものがあるという方は、宅配型の保管サービスをご検討ください。

トランクルームとは?

収納スペースに困っている方に、一時的もしくは長期的に収納できるスペースを貸し出すサービスのことを言います。

種類

トランクルームには、主に屋内型と屋外型の2種類があります。

屋内型は、ビルや倉庫の1フロアーを間仕切って一つ一つの空間を貸出しています。
屋外型は、外にコンテナを置いてその中を貸し出している比較的大型のスペースです。

どちらも24時間いつでも利用可能なことが多いです。

使い方

下記のような使い方をされている方が多いようです。

・引っ越し、リフォーム時の一時的な荷物置き
・バイク収納
・仕事道具の保管
・趣味のコレクションや家財道具の保管
・友人やサークルメンバーでシェアしてして趣味の道具を入れたい
・使う頻度の多くないものの保管
 例)スポーツ用品、ベビー用品、カー用品、衣類、電化製品、家具、スーツケース、趣味用品など

料金

トランクルームの料金は一律ではなく、立地やトランクルーム自体の広さによって様々です。
特に土地代の部分が大きいので、都心や駅に近い方が料金は高くなる傾向にあります。
また、2階の部屋がある場合は荷物の出し入れが大変になる分、2階の方が料金が安くなる場合が多いです。

料金体系は初期費用と月額費用に分かれています。

初期費用は、契約時に支払う費用で初月の月額費用の他に補償料や事務手数料がかかってきます。
月額費用は、レンタル費の他に管理費、共益費がかかる場合もあります。

住宅選びへの効果

住宅購入について記載しているブログですので、住宅選びに影響する点も言及しておきます。

・収納量が少ないからと諦めていた建売やマンションも検討に入れられる
・子供が自分の部屋を使いだす~大人になって家を出るまで、の間だけトランクルームを使用する方法で部屋数を考えると、面積が小さめの住宅も購入範囲に入れられる

トランクルーム3選

ここからは実際に提供しているサービスを紹介していきます。

ハローストレージ

全国に約10万室展開し、トランクルーム業界物件数No.1の会社になります。
ハローキティと手のマークが目印で、皆さんも一度は見たことがあると思います。

◆おすすめポイント
・物件数が多いから、あなたの家や職場の近くにもきっとあるはず。
・ハローキティをキャラクターとして使用しており、日本一かわいい?トランクルームかもしれません。
・トランクルームをメインで扱う業界で唯一の上場企業が運営だから安心して使える(東証2部)

ドッとあーるコンテナ

.R(ドッとあ~る)は九州エリアでシェアNo.1を獲得している会社です。
首都圏、東海エリアでも店舗を拡大しており、全国でもコンテナ保有数16,000突破しています。

◆おすすめポイント
・短期の方にも長期の方にもメリットがあるキャンペーンを実施中(web限定)。
・最短で契約当日から利用可能とスピード対応
・トランクルームの事前見学ができるので、安心して契約が可能

加瀬のレンタルボックス

全国1,500ヶ所、70,000室以上でトランクルームを展開しているのが、加瀬倉庫です。

◆おすすめポイント
・ネット契約なら最短10分で使用可能に
・管理費、共益費がかからないので、毎月かかるのは月額費用のみ(初期費用は別途かかります)
・別途料金で倉庫まで運送してくれるサービスがある

さいごに

最寄りのトランクルームを探してみたところ、近いところに選択肢が多いのが意外でした。

埼玉県川口市の場合、2帖タイプですと月額利用料が1階で1万円を超えるぐらい、2階で5~6千円とかなり手頃です。
各社キャンペーンを行っていますので、タイミングによってはかなりお買い得に借りれると思うので、興味がある方はチェックしてみてください。