注文住宅は契約時の見積もりからめっちゃ高くなるって本当?

注文住宅は契約時の見積もりからめっちゃ高くなるって本当?

家の購入を検討する前は、注文住宅はとにかく高いっていうイメージがありました。
打ち合わせの度にどんどん値段が上がっていく感じってありませんか?

確かに打ち合わせを進めていくと、様々な場面で選択肢から決定していく事がたくさん出てきます。
もちろん必要ないものがあれば減額になりますが、大体は上がっていく方向が多かった印象です。

そして、実際に打ち合わせが終わり、契約時から上がった金額はズバリ141万でした。

コレを高いとみるか安いとみるかは、人それぞれだと思います。
私個人としては、かなりグレードアップしたり設備を増やしたりしたので、思ったほどいかなくて良かったなという印象でした。

ココからはどんなモノでどの程度、金額がアップしたのかを詳しく見ていきます。

はじめに

まず、前提として契約時の見積もりはポラスの「心」という仕様をベースにしています。
それに加え、ポラスの営業さん・設計さんが、大体の方がグレードアップするだろう項目をあらかじめ入れてくれたり、カーテンや照明など絶対に必要になってくる項目は概算の金額を予算に見込んでくれていました。

ただ、先程の141万という金額は、最終の間取りが決定した後に設備等でアップした金額になります。ちなみに当初に提案して頂いたプランからは約50万円上がっています。

ですので、初回の見積もりからのアップ額でいうと、約200万円のアップになったことになります。このままだと正直、予算オーバーでしたがなんと地盤改良費用が全くかからない土地で有ることが購入後にわかり、93万円の費用が浮きました。なにがあるかわかりませんね。。。

ですので、これらの前提条件を確認して頂いた上で、見積もりとの差額という考えで見てください。

仕様打ち合わせに関する記事はコチラから
経験者が教えます!注文住宅の打合せってどこまで決めるの?(契約~間取り等決定)
経験者が教えます!注文住宅の打合せってどこまで決めるの?(設備、インテリア編)

外構(+11万円)  

宅配ボックス付き門柱や駐車場のコンクリート敷きがそれなりに費用がかかっています。中でも驚いたのが、ウッドデッキ。縁側程度ではなく、チェアを置けるぐらいには面積を広くしていますが、50万程かかっています。

壁紙クロス(+25万円)  

イジっていないところはないのではないか、というレベルに変更しているので、しょうがないかなという印象。ただ、契約時の見積もりに全く盛り込んでいなかったので、ある程度予算に入れておけば良かったとは思いました。

照明(+13万円)  

リビングの吹き抜けまわりを中心により明るくしたいなと思ったので、壁付けの照明を追加しました。トイレや玄関ホールの照明はスイッチの入切が必要ない人感センサー付きに変更。
現在の家で使用しているLEDの照明4台は引越し後も持ち込んで、少しでも費用を削減しています。

カーテン(+3万円) 

カーテンを使わずに全てロールスクリーンとバーチカルブラインドにしたので、もっと上がるかなと予想しましたが、ほとんど差額は出ませんでした。色や材質も標準外から選んでいますが、やはりカーテンもそれなりにするということですかね。

空調(+8万円)  

元々、三菱のエアコン2台を見積もりに見込んでいましたが、子供部屋のエアコンに自動お掃除機能が付いていなかったので、それを変更した差額です。これに加えて、現在使用している1台を持ち込みますが、こちらは引っ越し業者に取り付けをお願いすることになりました。ポラスでは購入5年以内のエアコンしか移設をしてくれません。移設時の故障の可能性や5年以上経つと性能面で新しい機種を購入した方が良いという判断です。

床材(+40万円) 

ここが、今回の1番の誤算ポイントでした。朝日ウッドテックのポラス向け特別仕様MRXからライブナチュラルプレミアムとプラスに変更しています。が、差額の金額はほぼプレミアムの値段です。しかも家全体ではなく、1Fの2/3程度の面積でこの金額ですから恐ろしいです。

キッチン(+12.5万円)  

トクラスのBbシリーズになります。差額の主な要因としては、食洗機を浅型から深型にしたことで+7.5万円。「連動イン引き出し付きキャビネット」で+3万円です。

下記の記事でもお伝えした食洗機のメーカーの差が大きかったようですね。(パナソニック製ではなくリンナイ製)

外壁(+9万円)

ニチハのモエンエクセラードというグレードからKMEWのネオロック光セラへの変更費用です。

今回、選んだKMEWのグレードはニチハとほぼ同程度ですが、現在のポラスの標準メーカーがニチハなのでニチハ製は値引きが入っているようです。この金額はその差ということです。

収納(+5.3万円)

収納内部のパイプや枕棚、棚板の費用です。

浴室(+15万円)

リクシルのアライズです。こちらも意外に差額が高くなってしまいました。主な要因は浴槽のグレードアップ(+6万円)、折れ戸→開き戸への変更、縦型ミラー→ワイドミラーへの変更です。
浴槽はショールームで一目惚れしたこちらのパールクォーツというキラキラした素材に変えています。

お風呂場の開き戸
開き戸

電気設備 

コンセントやスイッチに関する費用です。色々と変更していた気がしますが、こちらほぼ当初の概算見積もり通りでした。なかなかの精度です。

その他

ここまで、金額がアップしたものを挙げてきましたが、もちろんマイナスになったものもあります。室内の物干しなど数万程度ですが。。。

まとめ

見積もりの段階でどの程度見込んでおくか担当営業さんの力量にもよりますが、打ち合わせの中でどこにお金をかけたいか伝えておくと良いと思います。

また、何にでも使える予算をあらかじめ盛り込んでおいても良いですね!

どうしてこんなことになったんだ!!なんてことにならないように見積もりは高め高めにしておくのが吉です。