注文住宅を建てる前から後悔していること(通勤時間、間取り)

注文住宅を建てる前から後悔していること(通勤時間、間取り)

4月に入り、ついに工事が始まった我が家ですが、全く不満が無いわけではありません。

今回は建てる前に感じている後悔を吐き出したいと思います。

今まさに注文住宅を検討されている方、土地を契約しようとしている方の参考になれば嬉しいです。

楽天ブックス
¥1,870 (2022/09/26 12:57時点 | 楽天市場調べ)

はじめに

不満があると言いましたが、打合せの内容にも満足していますし、今から住むのが楽しみでしょうがないです。

一番近い感覚はマリッジブルーみたいなものかもしれません。

高い買い物をしたけど、実際に生活してみたらどうなんだろう、もっと良い土地・家があったんじゃないかという不安ですね。

ですので、その内容はどちらかというと、予算の問題だったりで諦めた部分が大きいです。

会社からの距離

土地探しを始めた際に、最寄り駅を7時半に出発する電車に乗れば、始業時間に間に合うことを1つの条件にしました。

最終的に契約した土地はその条件にギリギリ合致していたので問題無いのですが、毎日の往復を考えたらやはりもう少し近い方が良かったのかなとは思います。

ただ、それを実現しようとなると、予算的に土地を狭くする必要がありました。元々、3階建ては検討外でしたが、部屋の数や大きさを変えずに3階建てにして土地の選択肢を増やすという検討があったら、結果的に今の土地にした場合にも満足度はより高かったのかなと思います。

管理人の場合、不動産屋の都合もあり、土地を見つけてからすぐに契約をしなければ土地自体が無くなってしまうタイミングだったので、そのあたりの検討は全くできませんでした。

3階建てというと、極端に細長い間取りだったり、無理やり詰め込んだような都市型の窮屈な家を想像される方が多いかと思います。

ですが、ネットで間取り例を検索してみると、25~30坪あればかなり余裕を持った家ができることがよく分かります。3階建てというだけで除外されている方は、一度軽い気持ちで見てみることをオススメします。

それでも2階建てという条件は外せない方は、頑張って土地を見つけましょう。

土地探しの考え方についてはこちらを参照ください。
【土地探しのポイント】譲れない点と妥協できる点を整理することが後悔を無くします!!

間取り

注文住宅にしたいと思ったキッカケの1つが、間取りの自由さ。

先程の通勤時間に続いてですが、広さについても多少の妥協をしています。

具体的には、1階のボリュームが大き過ぎて建ぺい率をオーバーしてしまうので、お風呂と洗面所を2階にもっていっています。

また、庭についてもウッドデッキは置きますが、夢に見ていた芝生は諦めました。

駐車場も2台置けますが、左右のスペースに余裕が無いので毎回乗降に気を使うと思います。

広さを重視すれば、通勤時間か予算のどちらかに影響が出てきますし、それは他の項目を重視する際も同じなので、難しいところです。

我が家の間取りについては、こちらを御覧ください。
リビング(LDK)と主寝室を同じ階にするのはアリ?お風呂を2階にした場合の変更費用は?

乾太くんの設置スペース

打ち合わせ時の不満も1つだけありました。

ある会社の営業担当さんから、最近の乾太くん(衣類乾燥機)は性能が良くてオススメですよと言われてから色々とHPや口コミを調べ始めました。

評判も良いし、時間に関係なく洗濯ができるのは非常に助かるので、絶対に置こうと決めていました。

スペースを有効活用できると思い、洗濯機の上に設置しようと考えていましたが、北側斜線制限の影響で母屋下がり(他の場所より天井が低い)になっていたので、設置スペースが無いことが最終仕様打ち合わせの段階で発覚したのです(前述したように、我が家の洗面所は2階です)。

元々、乾太くんの購入・設置はポラス手配でお願いしていましたし、洗濯機の上に置きますよと設計担当にも伝えていました。ドラム式洗濯機なら入っていたかもしれませんが、ウチにはまだまだ元気な縦型洗濯機があります。

やむなく、洗濯機の上に置くことはあきらめ、納戸のスペースを一部削ることで落ち着きました。もし代わりの設置スペースが見つけられなければ、乾太くんを置くことを諦めるか、大幅な間取り変更をする必要がありましたが、大事に至らなくてよかったです。

乾太くんに関しては、もう1点注意事項があります。

HPの写真をパッと見ると、とてもスマートに設置できるように見えますが、排湿のために本体から家の外に、右の写真のような排出筒が必要です。

写真だけだと、乾太くんのスペースさえあれば、設置出来てしまうように見えてしまいますが、実際には右の写真のように棚の中に排出筒を隠しています。

設置を考えている方は、寸法だけではなく筒が外に出せるかも含めて事前のご確認をオススメします。

まとめ

①と②に共通して言えることですが、立地・広さ・価格については完璧に条件を満たす土地が見つけられれば最高ですが、多くの人は優先順位や譲れない条件を考えて、どこかでバランスを取って選択をしていると思います。