注文住宅の打合せってどこまで決めるの?(契約~間取り等決定)

注文住宅の打合せってどこまで決めるの?(契約~間取り等決定)

施工会社と工事請負契約を済ますと、次回から本格的な打合せが始まります。

契約する会社を決定する為に検討していた間取り等のプランは、注文住宅の打ち合わせの入り口に過ぎません。

実際に何をどこまで決めていくのか、見ていきましょう!

管理人がポラスに決定した理由は下記の記事に記載しています。
注文住宅の施工会社をポラス(POLUS)の北辰工務店に決定した理由

打ち合わせ内容

打ち合わせしていく順番・内容は施工会社によって異なりますので、あくまで参考程度で!!

敷地調査

敷地調査を行なって、正確な方角や地盤改良が必要かを確認します。

用途地域による高さ制限だけでなく、地域によって北側斜線制限などのルールがあります。
簡単に言うと、北側の家に日光が届くよう建物を建てる際に条件が決まっていますよ!というもの。

私が土地を購入した千葉県にもガイドラインが定められており、実際に我が家も北側斜線制限の影響で、2階の一部をパラペットにしました。

地盤改良が必要かどうかは、敷地調査をしてみないとわかりません

過去のデータを見ると近くの土地は硬そうだから、ウチも大丈夫かな?

一軒隣の土地が大丈夫でも、自分の土地は改良が必要ということがあるようです。
でも、周辺地域の過去の地盤データは参考にして良いと思います。

どちらも施工会社が確認してくれますので、お任せで大丈夫です。

既に土地の契約が住んでいれば、事前に実施する場合もあります。

間取り

細かいところまで、ひたすら間取りをつめていきます。

実際の生活をイメージすると、生活動線や家具の配置などによって色々と間取りは変わってきます。

契約時のプランから、キッチンの位置、寝室・書斎のサイズ変更、ロフトの追加を行ないました。

管理人の間取りについては下記の記事を御覧ください。
リビング(LDK)と主寝室を同じ階にするのはアリ?お風呂を2階にした場合の変更費用は?

・収納

収納といっても、パイプや仕切りによって使い勝手が変わってきます。棚であれば、可動棚の枚数も決めていきます。

何を入れるのかによって変わってきますので、事前にイメージしておいた方が失敗しにくいです。

・サッシ

家中の窓のサイズ、種類、取り付け位置を決めていきます。

ちなみに今回、標準になっていたリクシルのサーモスLにもこんなに種類があります。
が、実際に使用するのは、この中の数種類でしょう。

窓の種類

https://bit.ly/36O06nu – より引用

・内部その他

細かい部分では、下記の点を決めました。

床の貼り方向、エアコン位置、火災報知器、分電盤、換気扇、配管スペース、点検口などなど。。。

基本的には設計担当者の方が、おすすめや一般的な位置を教えてくれるので、その場で決められると思います。

外観

・外壁

外観のイメージを決定する部分なので、悩まれる方も多いかと思います。

選択肢として大きく2種類あります。サイディング系か塗り壁系か。サイディングはあらかじめ作成されたパネルをペタペタと貼っていく方法で、塗り壁は文字通り職人が塗っていきます。当初は、塗り壁のオシャレさに惹かれていましたが、経年劣化した際の汚れが気になり、経年劣化しにくいサイディングにする予定です。メンテナンスの回数が少なそうなのも魅力です。

外壁メーカーのショールームに行ってきました。
注文住宅の外壁(サイディング)探し-ショールームに行ってきた- 【KMEW・ニチハ】

・屋根、雨樋

屋根は見積もりの段階から入れていた遮熱効果が期待できる製品をそのまま使用。

雨樋をどう通すかも屋根と一緒に決めていきます。
外観や間取りによって様々ですが、なるべく外観を損ねないようなルートになりました。

・玄関ドア

リクシルのショールームに行きましたが、全て見られないぐらいドアも種類があります。大体の方の希望は叶えられると思います。筆者はこだわりが無かったので、無地のシンプルなものにしました。

・軒下

木目調のものに憧れがあり、写真のような製品にしました。
面積がほとんど無い箇所は、変更しても分かりづらいので標準のままです。

軒下

https://www.2x4assoc.or.jp/hotlink/product/25/06/index.html – より引用

・テレビのアンテナ

地上波のテレビを見る方法は、アンテナを建てる・ネット経由・ケーブルテレビ経由の3種類が一般的です。

周りに高い建物がないこ初期費用以外の費用がかからないという理由から、筆者はアンテナを建てることにしました。
アンテナは東京スカイツリーの方角に向けます。

・外構その他

細かいところでは、電気引き込み位置や電気メーターの設置場所も確認がありました。

外構

・玄関ポーチ

外壁や玄関ドアの色とのバランスを見てになるでしょう。

暗い色なら落ち着いた感じになりますし、明るい色なら軽やかな感じになります。外壁と同じ色だとまとまりが出そうですね。

・駐車場

基本的に土間コンクリートという方が多いようです。

アクセントにタイルや草を入れたりするのも良さそうですが、、、オシャレにするのは結構難しそう。。。現在、検討中です。

・ウッドデッキ

リビングから繋がるウッドデッキが憧れという方も多いでしょう。

でも、芝生も欲しいな

広いウッドデッキ!!

芝、、ウッドデッキで。

最近は、写真のような木材風のタイルもあるようです。木材よりお値段は高くなりますが、劣化はしにくそうです。

夏は熱そう。。。

木材風の敷タイル

https://www.onlyoneclub.jp/image_page3.html – より引用

・表札、ポスト

壁に取り付けるタイプや柱を建てるタイプなど様々。

表札は後から自分で用意しても良いみたいです。

宅配ボックスがあると便利だよね。

我が家は共働きでアマゾンにお世話になりっぱなしの為、宅配ボックス一体型を選びました。

表札はネットで注文される方が多いようです。オススメのネットショップをまとめてみました。
スタイリッシュな表札ショップ3選

・水洗

洗車や草木の水やりに必須ですね。

ビックリしたのは、最近のものは非常にオシャレで色も豊富なことです。

家の裏側に設置する予定なのですが、可愛いので見えるところに設置したくなります。

水栓のカタログ

赤色か水色が良さげ。。

まとめ

インテリアについては、コチラの記事を参考にしてみてください。
注文住宅の打合せってどこまで決めるの?(設備、インテリア編)